HAT TRICK=ハットトリック GaineswayFarmで新生活。

Gainesway Farm(英語のページです。)

現役時代、未勝利・牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回・マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフイック香港マイルなど、21戦8勝の成績を残し、2005年の最優秀短距離馬に選定されるなど活躍、その後、2007年5月8日に現役引退、6月に種牡馬としてアメリカに輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で、4年間・新種牡馬として繋養生活を送った他、シャトル種牡馬として半年間・オーストラリア(インディペンデントスタリオンズ)・アルゼンチン(エルマリン牧場)で、供用された、青鹿毛のチャンピオンマイラーホース・HAT TRICK=ハットトリック(イギリス語で、1試合で、1選手が、3得点以上を挙げることの意味(サッカー用語)・父・サンデーサイレンス・母・トリッキーコード・毛色・青鹿毛・牡・11歳・2001年4月26日生まれ・日本(追分ファーム・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町) )・産・血統名・トリッキーコードの2001)が、昨年・11月初旬になり、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム・代表 アントニー・ペック氏)に売却され、2012年〜2013年の種牡馬シーズンから同ファームで、繋養生活を送ることになり、11月中旬・4年間繋養生活を送って来た、WALMAC FARM LLCを後に、Gainesway Farmに移動しました。

Gainesway Farm=ゲインズウェイファームは、正式には、ゲインズウェイサラブレッド社といい、1988年までは、創業者のジョン・ゲインズウェイ氏が運営しておりましたが、1989年から、アントニー・ペック氏が代表を務め、運営されるようになり、現在に至っております。

ハットトリックは、ウオルマックファームでの最後の放牧を終えて、種牡馬専用厩舎に戻り、居ごごちを確かめては、過ごしていました。

HAT TRICK 「ブルルルルルルルルル。」
HAT TRICK 「ヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン!」

ハットトリックは大きい雄叫びを鳴らして、WALMAC FARM LLCでの名残惜しい生活を共にしました。

いよいよ、2008年のシーズンから新種牡馬として、スタッドインして以来、長く繋養してきた、WALMAC FARM LLCと別れる時が、来ました。

今度は、お隣の、Gainesway Farm=ゲインズウェイファームでの、繋養生活を送る様で、ジョン・T・L・ジョーンズ3世氏も、2008年から4年間繋養生活を送ってきた、HAT TRICK=ハットトリックに感謝して、別れを惜しみしました。

ジョン・T・L・ジョーンズ3世氏「ハットトリック、今日で、うちの牧場とはお別れだが、新しい繋養先もお隣の牧場になるが、同じ、パリスパイクにある牧場であるから、しっかり繋養してほしい、シャトル種牡馬として出るときは、一旦はなれていたが、それ以外はここで暮らしてくれた、4年間繋養生活を送ってくた中で、いい繁殖牝馬の種付けをこなしてくれた、ありがとう、ハットトリック。」

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン!」

ジョン・T・L・ジョーンズ3世氏「よしいい子だ、ハットトリック。」


ジョン・T・Lジョーンズ3世氏「ゲインズウェイファームでも、元気で、放牧ほしい、なあ、ハットトリック。」

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュヒュ〜ン!」

ジョン・T・L・ジョーンズ3世氏「ハットトリック、元気でね、さようなら、ハットトリック。」

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュヒュ〜ン、ブルルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい雄叫びでいななきながら、名残惜しい、WALMAC FARM LLCを後に、馬運車で、Gainesway Farmへ出発、2008年から4年間繋養生活を送ってきた、WALMAC FARM LLCを後に、しました。

ハットトリックは、隣のGainesway Farm(ゲインズウェイファーム)に到着、馬運車を降りて、種牡馬繋養厩舎に入りました、昨年まで、WALMAC FARM LLCで繋養生活を送ってきただけあって、気持ちよく過ごしました。

11月18日(日本時間・11月19日)・Gainesway Farm=ゲインズウェイファームで、オープンハウスが開催され、HAT TRICK=ハットトリックは、初めてお披露目されました。

Gainesway Farm=ゲインズウェイファーム初登場の、HAT TRICK=ハットトリックとあって、ブリーダーは関心を高めており、人気の的になっておりました。

オープンハウスに参加した、ハットトリックは、種牡馬厩舎に戻り、過ごしておりました。
f0235373_23431384.jpg

(写真は、2011年に、WALMAC FARM LLCで、繋養生活を送ってきた頃の、HAT TRICK=ハットトリック)

2012年・牡11歳になった、チャンピオンマイラーホース・ハットトリックは、ゲインズウェイファームでの新生活を開始しました。

種牡馬厩舎を出て、放牧場にきたハットトリックは、手綱を離して、走りだしました。

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュヒュ〜ン!」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッパカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ。」

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュヒュ〜ン!」

ハットトリックは、大きい雄叫びを、ケンタッキーの空にいなないてやりました。

HAT TRICK=ハットトリック「ブルルルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息を鳴らしていました。

HAT TRICK=ハットトリック「モグモグ、モグモグ。」

ハットトリックは、大きいケンタッキーの青い草を食んでいました。

HAT TRICK=ハットトリック「カポ、カポ、カポ、カポ」

ハットトリックは、蹄を鳴らして、水飲み場に行って、ごくごくと飲んでいました。


ハットトリックは、ゲインズウェイファームでのんびり暮らしておりました。

ハットトリックが、呻き声をしながら、しっぽを上げていました。

HAT TRICK=ハットトリック「ウーーーーー、ウーーーーーー!」

HAT TRICK=ハットトリック「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きいうんこを出していました。


HAT TRICK=ハットトリック「ブルルルルルルルルルルルル。」

ハットトリックは、グルグルと、振りむいては、ケンタッキーの大地を見つめていました。

HAT TRICK=ハットトリック「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ」

HAT TRICK=ハットトリック「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

HAT TRICK=ハットトリック「バシャーーーーーー!」

ハットトリックは、大きいおしっこを出してやりました。

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、大きい蹄で、ケンタッキーの大地を走ってやりました。

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ。」

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュヒュ〜ン」

HAT TRICK=ハットトリック「ブルルルル。」

HAT TRICK=ハットトリック「カポ、カポ、カポ、」

ハットトリックは、スタッフに連れられて、種牡馬厩舎に戻りました。

HAT TRICK=ハットトリック「ヒュヒュヒュヒュ〜ン!」
[PR]
by bouquetfragrance | 2012-03-14 23:19 | 海外で活躍する種牡馬
<< HAT TRICK=ハットトリ... 女傑・ウオッカ(VODKA) ... >>