女傑・ウオッカ 2013年はフランケルと種付け交配。

現役時代・26戦10勝の成績を収め、2010年4月から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウン(シャーリーマウント)で、繁殖牝馬として生活を送る、すっぴんでかわいい鹿毛のサラブレッド、女傑・ウオッカですが、2013年は、世界競馬ランキング第1位の、フランケル(FRANKEL)と種付け交配をすることが判明しました。

フランケル(FRANKEL)は、現役時代・アブトゥーラ殿下の所有馬として、ヘンリー・セシル厩舎に預託され、14戦14勝の成績を残した、世界最強馬でしたが、昨年・10月20日(日本時間・10月21日)に、イギリス・アスコット競馬場で行われた、チャンピオンステークスにて、T・クゥイリー騎手の騎乗で、14連勝を果たしたのをラストランに惜しまれつつ引退しました。

ガリレオ産駒の、フランケル(FRANKEL)は、セントジェームスパレスステークスに出走して優勝したことがあります。

今年から、イギリス・ニューマーケット郊外の、バンスデッドマナースタッドで、種牡馬として繋養生活を送ることになった、フランケル(FRANKEL)は、新種牡馬として多くの産駒の誕生が期待されております。

アガ・カーン・スタッド・ギルタウンも、現在・アガ・カーン・スタッド・シャーリーマウントにいて、今春・第3仔の出産が予定されている、女傑・ウオッカについて、2013年の配合種牡馬として、フランケル(FRANKEL)とする事とし、ジュモントファーム・バンスデットマナースタッドとの間での協議で合意しました。

現在・アガ・カーン・スタッド・シャーリーマウントにいる、女傑・ウオッカと、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)の、産駒馬は、2014年に出産し、誕生予定になっており、今後の種付け交配が無事に行うことを期待したいと想い、願っております。
[PR]
by bouquetfragrance | 2013-01-18 23:51 | 海外で活躍する繁殖牝馬
<< 女傑・ウオッカ 第3仔を出産する。 女傑・ウオッカ、アガ・カーン・... >>