<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プリュム 競走馬デビュー

2009年3月29日に、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地ノーザンファームで生産された、栗毛の牝馬・プリュム(Plume=フランス語で、羽根という意味・父・ダイワメジャー・母・ピューリティー・毛色・栗毛・牝・2歳・栗東・羽月友彦厩舎・所属・血統名・ピューリティーの09)が、11月5日に、京都競馬場で行われた、メイクデビュー京都(サラ系2歳新馬戦・牝馬限定・芝・1600m・12時30分・発走)に、ゼッケン15番で出走し、惜しくも敗れたが、2着に入り、幸先の良いスタートを切り、無事に競走馬デビューを果たしました。

プリュムは、今年の、4月22日に、早来ホルスタイン市場で行われた、第1回・産地馬体検査を受検、同時に、所属厩舎の、栗東・羽月友彦厩舎と預託契約を交わしました。

ノーザンファームで育成された、プリュムは、ノーザンファームしがらき(滋賀県・甲賀市)に移動して、ここで競走馬育成した後、9月18日・同じ、滋賀県・栗東市にある、栗東トレーニングセンター・羽月友彦厩舎に到着し、入厩しました。

プリュムは、入厩後、連日・調教や、ゲート練習に励み、10月に行われた、ゲート試験を受け、見事に合格し、今回の、メイクデビュー京都(京都競馬場・牝馬限定・2着)で、デビューしました。

プリュムは、単勝で、2番人気に支持されており、和田竜二騎手の騎乗で、出走して、無事デビューしました。

2着に終わったとはいえ、無事・競走馬デビューを果たした、プリュム(ピューリティーの09)の今後の活躍を期待したいと想い、願っております。
[PR]
by bouquetfragrance | 2011-11-09 22:09