<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

VODKA2011の馬名がボラーレ(Volare)に決まる。

2011年5月2日(日本時間・5月3日)に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンにある、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで生まれた、女傑・ウオッカの初年度産駒・VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味)の、馬名が、ボラーレ(Volare)に決まりました。

スペイン語で、飛び立ちなさいという意味の、ボラーレ(Volare)に決まった、VODKA2011は、2012年10月13日(日本時間・10月14日)に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンにある、アガ・カーンスタッド・ギルタウンを馬運車で出発し、イギリス・ニューマーケットで出国検疫検査を受けた後、オランダ・アムステルダムのスキポール空港に移動、10月30日(日本時間・10月31日)の夜、同空港発の飛行機で渡航し、10月31日の午後・新東京国際空港と到着と同時に、外国産馬の逆輸入馬として初来日しました。

その後・動物検疫検査所(横浜市)で2週間の着地検査を受けた後、北海道・浦河郡・浦河町の吉澤ステーブル(吉澤克己・場長)に到着し、現在・同場で育成中です。

父が、凱旋門賞馬・シーザスターズという、D・ツイ氏の所有馬であり、難産の末・無事に出産した、VODKA2011について、馬名募集が1万通の応募があり、9月15日に、関西テレビで放送された、競馬BEATの中で、ボラーレ(Volare)に決まり、発表されました。

日本ダービー及び、世界の舞台に飛び立ってほしいという願いを込めて命名された、ボラーレ(Volare・血統名 VODKA2011)は、今後、母・女傑・ウオッカが、現役時代にお世話になった、栗東・角居勝彦厩舎に所属し、競走馬デビューをめざすとのことで、秋口に入厩する様であり、無事にデビューを果たせるのか、期待したいと想い、願っております。
[PR]
by bouquetfragrance | 2013-09-21 21:23 | VODKA(ウオッカ)COLT(仔馬)