VODKA ウオッカ 牝・14歳の現在もアイルランドで繋養生活を送る、かわいい鹿毛の馬。

f0235373_02005940.jpg
VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュ〜ン!」
VODKA 「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」
VODKA「パカッ。」

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン!」

すっぴんで可愛い鹿毛の馬で、2010年4月1日(日本時間・4月2日)から、アイルランド共和国(エール)・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンで、?殖牝馬生活を送っている、女傑・ウオッカも、今年・牝・14歳。

26戦10勝の成績を残した、ウオッカも、4月4日(日本時間・4月5日)で、牝・14歳の誕生日を迎える、牝馬のサラブレッドです。

2004年4月4日・北海道・静内郡・静内町(現・日高郡・新ひだか町)の、カントリー牧場(2012年3月31日で48年の歴史に幕を閉じ解散した。)でタニノシスターの2004として生産された、女傑・ウオッカは、東トレーニングセンターの角居勝彦厩舎に預けられ、26戦10勝の成績を残した、タニノギムレットとタニノシスターの仔で、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008年・2009年の年度代表馬にも選出されていて、2007年には特別賞を授賞しましたが、2010年3月3日(日本時間・3月4日)・ドバイ メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップデイミーティング・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3で、レッドディザイアの8着に敗れたのをラストランとして、鼻出血症がもとで惜しまれつつ現役を引退しました。
(登録抹消は、手続の関係で2010年3月18日(日本時間・2010年3月19日)付となりました。)

すっぴんで可愛い鹿毛の馬・女傑 ウオッカが、牝・6歳の時・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンに?殖牝馬としてやって来ました。

その時は遠征先のドバイから、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットのサウスフィールズ・ステーブル経由でアイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンにやって来ました。

着地検査を経て、体作りの為のトレーニングをへて、2010年4月1日(日本時間・2010年4月2日)から、?殖牝馬生活を開始しました。

それまでに、たくさんの仔馬を生んできた、女傑 ウオッカですが、2011年には、2011年度の顕彰馬に選出されたとの事です。

女傑 ウオッカを母にもつ産駒の内・2頭は死亡や未勝利のまま現役引退による登録抹消などで減っており、3仔目の、VODKA2013(タニノアーバンシー)が、初めての勝利馬になりました。

2015年には、世界最強馬・フランケルを父に持つVODKA2015(ウオンケル君 タニノフランケル)を出産した他、2016年3月5日(日本時間)には、インヴィンシヴルスピリットを父に、VODKA2016を出産したのです。

昨年・5月23日(日本時間・5月24日)には世界最強馬・フランケルを父に、VODKA2017(ウオンケル2君)を遅い出産になったとはいえ、無事に出産しました。

その為・2017年度の種付け交配を休止するという、異例の事態になりました。

女傑 ウオッカも、?殖牝馬生活を休業し、空胎のまま過ごすという、異例の事態になったようです。

VODKA「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン、ブルルルルルルルル!」

女傑 ウオッカは、アイルランドの空に、大きい叫びを鳴らしてやりました。

VODKA「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

VODKA「バシャ〜〜〜〜〜〜〜!」

VODKA「ジャ〜〜〜〜〜〜〜!」

女傑 ウオッカは、大きいおしっこ(尿)を放牧地に出してやりました。

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン。」

ウオッカは、声高くいなないてやりました。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン。」

女傑 ウオッカは、雄大な北海道の大地を想い出しながら、いい鬣をふらして歩めてやる馬です。
VODKA「ブルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

ウオッカは、大きい鼻息を鳴らしながら、気持ちよく放牧生活を送ってやる馬です。

VODKA「プ〜!」

ウオッカは、おならのにおいをかいでやりました。

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン。」

ウオッカは、大きくフレーメンをしてやりました。

ウオッカは、アイルランドの牧草で首を上げながら、いい夢を見る馬で、今年の6月には種付け交配を再開するとの事で、2019年の春には、7仔目の仔馬を出産するとの事で、4月4日(日本時間・4月5日)には牝・14歳の誕生日を迎える、女傑 ウオッカの?殖牝馬でのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン!」



[PR]
# by bouquetfragrance | 2018-04-02 03:41 | 女傑・ウオッカ

VODKA ウオッカ 牝・14歳の現在もアイルランドで繋養生活を送る、かわいい鹿毛の馬。

f0235373_02005940.jpg
VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュ〜ン、ヒュヒュヒュ〜ン!」
VODKA 「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」
VODKA「パカッ。」

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン!」

すっぴんで可愛い鹿毛の馬で、2010年4月1日(日本時間・4月2日)から、アイルランド共和国(エール)・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンで、?殖牝馬生活を送っている、女傑・ウオッカも、今年・牝・14歳。

26戦10勝の成績を残した、ウオッカも、4月4日(日本時間・4月5日)で、牝・14歳の誕生日を迎える、牝馬のサラブレッドです。

2004年4月4日・北海道・静内郡・静内町(現・日高郡・新ひだか町)の、カントリー牧場(2012年3月31日で48年の歴史に幕を閉じ解散した。)でタニノシスターの2004として生産された、女傑・ウオッカは、東トレーニングセンターの角居勝彦厩舎に預けられ、26戦10勝の成績を残した、タニノギムレットとタニノシスターの仔で、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008年・2009年の年度代表馬にも選出されていて、2007年には特別賞を授賞しましたが、2010年3月3日(日本時間・3月4日)・ドバイ メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップデイミーティング・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3で、レッドディザイアの8着に敗れたのをラストランとして、鼻出血症がもとで惜しまれつつ現役を引退しました。
(登録抹消は、手続の関係で2010年3月18日(日本時間・2010年3月19日)付となりました。)

すっぴんで可愛い鹿毛の馬・女傑 ウオッカが、牝・6歳の時・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンに?殖牝馬としてやって来ました。

その時は遠征先のドバイから、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットのサウスフィールズ・ステーブル経由でアイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンにやって来ました。

着地検査を経て、体作りの為のトレーニングをへて、2010年4月1日(日本時間・2010年4月2日)から、?殖牝馬生活を開始しました。

それまでに、たくさんの仔馬を生んできた、女傑 ウオッカですが、2011年には、2011年度の顕彰馬に選出されたとの事です。

女傑 ウオッカを母にもつ産駒の内・2頭は死亡や未勝利のまま現役引退による登録抹消などで減っており、3仔目の、VODKA2013(タニノアーバンシー)が、初めての勝利馬になりました。

2015年には、世界最強馬・フランケルを父に持つVODKA2015(ウオンケル君 タニノフランケル)を出産した他、2016年3月5日(日本時間)には、インヴィンシヴルスピリットを父に、VODKA2016を出産したのです。

昨年・5月23日(日本時間・5月24日)には世界最強馬・フランケルを父に、VODKA2017(ウオンケル?君)を遅い出産になったとはいえ、無事に出産しました。

その為・2017年度の種付け交配を休止するという、異例の事態になりました。

女傑 ウオッカも、?殖牝馬生活を休業し、空胎のまま過ごすという、異例の事態になったようです。

VODKA「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン、ブルルルルルルルル!」

女傑 ウオッカは、アイルランドの空に、大きい叫びを鳴らしてやりました。

VODKA「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

VODKA「バシャ〜〜〜〜〜〜〜!」

VODKA「ジャ〜〜〜〜〜〜〜!」

女傑 ウオッカは、大きいおしっこ(尿)を放牧地に出してやりました。

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン。」

ウオッカは、声高くいなないてやりました。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュヒュ〜ン。」

女傑 ウオッカは、雄大な北海道の大地を想い出しながら、いい鬣をふらして歩めてやる馬です。
VODKA「ブルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

ウオッカは、大きい鼻息を鳴らしながら、気持ちよく放牧生活を送ってやる馬です。

VODKA「プ〜!」

ウオッカは、おならのにおいをかいでやりました。

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン。」

ウオッカは、大きくフレーメンをしてやりました。

ウオッカは、アイルランドの牧草で首を上げながら、いい夢を見る馬で、今年の6月には種付け交配を再開するとの事で、2019年の春には、7仔目の仔馬を出産するとの事で、4月4日(日本時間・4月5日)には牝・14歳の誕生日を迎える、女傑 ウオッカの?殖牝馬でのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

VODKA「ヒュヒュヒュ〜ン!」



[PR]
# by bouquetfragrance | 2018-04-02 03:40 | 女傑・ウオッカ

ファレノプシス(胡蝶蘭)・死去 16戦7勝の成績を残した、往年の名牝。

現役時代・東・浜田 光正厩舎に所属し、エリザベス女王杯など、G1・3連勝を果たした、往年の名牝で、キャットクイルを母に持つ産駒の1頭・ファレノプシス(胡蝶蘭)が、7月1日(金)の夜・繋養先の、北海道・新冠郡・新冠町のノースヒルズ(旧・ノースヒルズマネジメント)で、くも膜下出血のため死亡したとの連絡が、日本中央競馬会に入り、判明しました。

享年が、牝・21歳で、人間に例えれば、61歳〜71歳前後とのことです。

1995年4月4日・北海道・新冠郡・新冠町の、マエコウファーム(後の、ノースヒルズマネジメント 現・ノースヒルズ)で、キャットクイルの1995として生まれた、ファレノプシスは、キャットクイルを母に持つ仔馬の1頭で、父が、ナリタブライアンなどを輩出した、ブライアンズタイムという、米国産の種牡馬であり、毛色が黒鹿毛という美しい毛色の、少女のサラブレッドです。

ファレノプシスは、現役時代・エリザベス女王杯など、G1を3連勝するなど、中央競馬で競走馬として活躍し、16戦7勝の成績を残した、ノースヒルズマネジメント(現・ノースヒルズ)の所有馬で、弟には、1999年生まれの鹿毛馬で、1歳の時にアメリカ合衆国に渡り、ニール・ドライスデール厩舎の所属馬として、NTRAで活躍し、ピーターパンステークスなどを制覇するなど、アメリカンドリームを成功させた立役者・SUNDAY BREAK=サンデーブレイク(2004年から、種牡馬としてアメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、ゲインズウェイファームでスタッドイン、2006年〜2010年までは、同じアメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、ウォルマックファームで繋養生活を送り、2010年にフランス共和国へ輸出、2011年〜2012年の種牡馬シーズンは、グランカン牧場で、2013年〜2014年の種牡馬シーズンは、ラ・エヌーヴ牧場で繋養、2015年〜2016年の種牡馬シーズンからは、リオン牧場(Haras Du Lion)で繋養生活を送り、2017年3月12日(日本時間・3月13日)・同じフランス共和国のバルエディボール牧場で心臓疾患のため死去。)などの産駒がいます。

2000年のエリザベス女王杯で、2着馬を抑えて優勝した、ファレノプシスは、同年度の最優秀5歳上牝馬にも選出され、受賞し、これを手土産に、現役を引退しました。

2001年から、北海道・新冠郡・新冠町のノースヒルズマネジメント(現・ノースヒルズ)で、繁殖牝馬として繋養生活を開始した、ファレノプシスは、アディアフォーンなど、中央競馬で競走馬として活躍する仔馬を、次々と出産し、輩出しました。

牝・21歳となった、今年も、ハーツクライとの間に、ファレノプシスの2016という血統名の仔馬(後にVincent=ヴィンセントと命名される。)を出産したところですが、同年の6月下旬から、くも膜下出血という病気がもとで体調を崩していて、療養しておりましたが、遂に、7月1日(金)の夜、牝・21歳で息を引き取り、ファレノプシスは、21年の生涯を閉じました。

1995年4月4日に、キャットクイルの1995として生まれて以来、競走馬・繁殖牝馬として、21年間の生涯を全うした、黒鹿毛で美しい少女のサラブレッド・ファレノプシスのご冥福をお祈りしたいと想い、願っております。

[PR]
# by bouquetfragrance | 2018-03-03 19:04 | 往年の競走馬・種牡馬

DE10形・暖地形(ワイパー窓・7011-2 KATO) 修理から戻る。

f0235373_17422944.jpg
連結器部分破損の為、KATO お客様サービス係(修理係 ホビーセンターカトー・東京店内)に送って修理に出されていた、DE10形・暖地形 (ワイパー窓・7011-2 KATO)が、7月22日・午前中 ゆうパックでぼくの家の部屋に戻りました。

KATOのNゲージ・DE10形 暖地形(ワイパー窓・7011-2)は、2009年に、フライホイール動力ユニット搭載した、リニューアルモデルとして新発売され、今年の6月に再生産発売された、ハイグレードモデルで、それまでに何回か、再生産発売されたNゲージモデルで、2009年の10月には、DE10形・耐寒形(旋回窓・7011-1)も、追って発売されております。

今回・連結器部分破損の為、修理に出されたDE10形・暖地形(ワイパー窓・7011-2)は、2009年8月18日の新発売と同時に、ホビーセンターカトー・大阪店(2016年3月10日の午後17時00分で惜しくも閉店されました。)で購入・納車した、2009年モデルで、KATOのNゲージ・DE10形・暖地形(ワイパー窓 7011-2)は、2009年モデルでは唯一のフライホイール動力ユニット搭載モデルで、現行モデルとなっております。

これまでにも、ホビーセンターカトー・大阪店で修理をしたことがある、初期ロット製品です。

今年の6月19日・連結器部分が壊れたので、KATO 京都駅店を通じて、KATO お客様サービス係(修理係 ホビーセンターカトー・東京店内)に送って修理しており、7月13日に、ゆうパックでぼくの家の部屋に戻っておりますが、980円の請求があり、洛西郵便局にて同封の郵便振替用紙にて支払いを済ませ、修理承り書を、KATO 京都駅店に渡して帰宅し、開封した途端、又・連結器部分が壊れた状態(今度は、両方。)で戻っており、見てみれば、手抜き修理であることが判明、7月14日に、修理代金の支払いに出かけた、洛西郵便局に行き着払いゆうパックで、KATO お客様サービス係(修理係 ホビーセンターカトー・東京店内)に、再度・修理を依頼するよう送って修理させました。

修理が完了した、DE10形・暖地形(ワイパー窓・7011-2 KATO)は、修理先の、KATO お客様サービス係(修理係 ホビーセンターカトー・東京店内)をゆうパックで後にし、7月22日の午後中 ぼくの家の部屋に配達にて戻りました。

修理が完了し、無事にぼくの家の部屋に戻って来た、DE10形・暖地形(ワイパー窓・7011-2 KATO)は、開封してみると、今度は完全に修理を終えた状態で戻っておりました。

2019年には、購入・納車してから10周年を迎える、KATOのNゲージ・DE10形 暖地形(ワイパー窓・7011-2)は、今後・5月14日に、KATO 京都駅店で購入・納車した、同じKATOのNゲージ・オハ61系 旧形客車 単品・4両を牽引させて、舞鶴線・小浜線のローカル普通列車(綾部〜東舞鶴〜敦賀間)を再現させようと想い、願っております。

[PR]
# by bouquetfragrance | 2017-07-25 18:13 | 鉄道模型(Nゲージ)

女傑・ウオッカ アイルランド・ギルタウンで繁殖牝馬として送る、牝・13歳の伝説の少女の馬。

f0235373_22272280.jpg
VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ。」

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル、フ~。」

すっぴんでかわいい鹿毛の馬で、2010年4月から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、AGA KHAN STUD GILLTOWN(アガ・カーン・スタッド ギルタウン)で、繁殖牝馬として繋養生活を送っている、女傑・ウオッカ。

今年の4月4日(日本時間 4月5日)で、牝・13歳になった、伝説の少女の馬です。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

ウオッカは、父・タニノギムレット 母・タニノシスターで、2004年4月4日生まれ・北海道・静内郡・静内町(現・日高郡・新ひだか町)のカントリー牧場(2012年3月31日で解散・閉鎖され、清算されました。)・生産の、鹿毛の少女の馬です。
(ウオッカの母・タニノシスターは、2014年7月9日 牝・20歳で、老衰の為死去されました。)

馬名の由来は、スラヴ語で少量の水という意味に由来する、蒸留酒の一種・ウオッカ(VODKA・ロシア語でヴォートカという。)から命名されましたが、女傑・ウオッカが、ストレートに強い酒の様に活躍して欲しいという願いから、冠名・タニノの名前を付けなかったとの事です。

すっぴんでかわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカは、現役時代・タニノの冠名を持つ、谷水 雄三氏の自家生産所有馬(同氏は、2012年・高齢を理由に自家生産馬事業から撤退した。)として、栗東トレーニングセンターの角居勝彦厩舎(2001年・二分久男厩舎の定年退職による解散に伴い、新規に開業した厩舎)に預けられ、中央競馬で26戦10勝(内・海外・3戦0勝)の成績を残していて、2006年の最優秀2歳上牝馬を総なめにした他、2008・2009年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬にも選出されており、2007年には特別賞を受賞した名牝でしたが、2010年3月4日(日本時間・3月5日)ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイ・ワールドカップ・ミーティング・アルマクトゥーム・チャレンジ・ラウンド3(8着)を最後に、鼻出血症がもとで、惜しくも現役を引退(登録抹消は手続きの関係上、2010年3月18日(日本時間 3月1
日)付。)しました。

女傑・ウオッカは、牝・6歳の時にアイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンンの、AGA KHAN STUD GILLTOWN(アガ・カーン・スタッド ギルタウン)に、繁殖牝馬として、サウスフィールズステーブル(イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊)を経由して、やって来ました。

2010年4月から、繁殖牝馬として、女傑・ウオッカは、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンにある、AGA KHAN STUD GILLTOWN(アガ・カーン・スタッド ギルタウン)で繋養生活を開始し、それまでに6頭の仔馬を出産しましたが、疝痛による急死・未勝利による引退などによる抹消などで少なくなり、現在・4頭(内・1頭がVODKA2013→タニノアーバンシー(父・シーザスターズ) 1頭がインヴィンシヴルスピリット(VODKA2016)で、後の2頭はFRANKEL(VODKA2015(通称・ウオンケル君)→タニノフランケル・VODKA2017(通称・ウオンケルⅡ君)の輩出馬を送り出しており、内・タニノアーバンシーと、タニノフランケルの2頭が、角居勝彦厩舎に入厩していて、現役競走馬として活躍中です。

2017年5月22日(日本時間 5月23日)・女傑・ウオッカは、6頭目の仔馬を無事に出産しましたが、2014年と同じく、FRANKEL(フランケル)で、しかも難産で遅い出産だったので、2017年の種付交配を見送った上、来年度(2018年度)に再度・種付交配(配合種牡馬・未定)をすることになったのです。

女傑・ウオッカ初の一時・繁殖牝馬活動休止に入ったのです。
f0235373_00550473.jpg


AGA KHAN STUD GILLTOWN(アガ・カーン・スタッド ギルタウン)の繁殖牝馬厩舎、こここにある、女傑・ウオッカの馬房には、女傑・ウオッカがいます。






VODKA「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン。」

女傑・ウオッカは、大きい鳴き声でいなないていました。

アガ・カーン・スタッド・ギルタウンの放牧場に、女傑・ウオッカは、放牧に入り、走り出しました。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ。」

VODKA「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

VODKA「バシャ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!」

ウオッカは、大きく気持ちいいおしっこ(尿)を出してやりました。

VODKA「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

ウオッカは、大きい鋭い鼻息を鳴らしていました。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン。」

ウオッカは、大きい声でいなないていました、北海道・日高山脈の空を想い出しては、声高くいなないていました。

牝・6歳の時に、繁殖牝馬として、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンのAGA KHAN STUD GILLTOWN(アガ・カーン・スタッド ギルタウン)にきて、牝・13歳になった現在も、繋養生活を送っている、女傑・ウオッカ 2018年度には配合種牡馬(未定)と種付交配を行って、2019年の春には出産させるとの事で、牝・13歳の、女傑・ウオッカの今後の活躍を、期待したいと想い、願っております。






[PR]
# by bouquetfragrance | 2017-07-12 01:43 | 女傑・ウオッカ