HAT TRICK=ハットトリック



2001年4月26日に、北海道・追分町(現・安平町)の追分ファームで、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔としてうまれた、トリッキーコードの2001は、1歳市場で、6800万円の値をつけられた、青鹿毛の馬です。

当初・斎藤四方司氏が、購買したが、間もなく、キャロットファームの所有馬になりました。

馬名も、サッカー用語で、1選手が1試合で、3得点以上を挙げることを意味する、ハットトリックに決まり、命名されました。

ハットトリックは、3月下旬に行われた、産地馬体検査を受検、同時に、美浦・清水美波厩舎と預託契約をかわし、2004年・東京競馬場の未勝利戦で、デビューしましたが、ラジオたんぱ賞(G3)・9着後の、放牧休養の間に、栗東・角居勝彦厩舎に転厩し、関東馬から関西馬になりました。

関西馬になった、ハットトリックは、ナリタブライアンメモリアルを手始めに、清水ステークス・東京新聞杯と制覇した他、2005年11月20日に、京都競馬場で行われた、マイルチャンピオンシップを制覇しました。

2005年12月11日・香港・シャーティン競馬場で行われた、香港マイル(G1)に、種牡馬として、現在も、活躍している、アサクサデンエンと一緒に参戦した、ハットトリックは、2着のザデュークを抑えて優勝、海外遠征制覇を果たしました。

それが、ハットトリックの、最後の勝利レースとなりました。

通算成績・8勝(内・1勝が、香港で挙げたもの。)を挙げた他、ドバイワールドカップ・デューティーフリー(12着)にも参戦する為、ドバイにも遠征しています。

こうした功績により、2005年の、JRA賞・最優秀短距離馬にも、選定されました。

その後、ハットトリックは、2007年の4月14日に阪神競馬場で行われた、読売マイラーズカップに出走し、6着に終わった後、安田記念出走に向けて、調整されていました。

ところが、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊にある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)など、海外の牧場から、南アフリカとアメリカを半年ごとに行き来する、シャトル種牡馬として、繋養生活できるよう、種牡馬としてスタッドインしてほしいというオファーに、馬主の、キャロットファームが応じ、所属する、角居勝彦厩舎(栗東)と、今後の対応に付いて、協議した結果、5月7日に現役引退を発表、5月10日付で、競走馬登録を抹消、山元トレーニングセンターでの、出国検疫検査をへて、飛行機で、種牡馬として、繋養生活を送る、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊にある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)に向けて出発、二度と戻ることのない、日本を後に離れて行きました。

現在は、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊にある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で、種牡馬として、送っているほか、ここを、拠点として、オーストラリアの他、2009年の3月からは、半年間の限定で、アルゼンチンの、Haras El Malin(エルマリン牧場)でも、シャトル種牡馬として繋養生活を送っており、今年の4月26日で、牡・9歳になったところです。

2007年の6月・ハットトリックは、ウォルマックファームに到着し、着地検査を受けた後、Hat Trick(Jpn)と掲げた厩舎に入りました。

「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

ハットトリックは、鋭いいななきで、厩舎の居心地をたしかめていました。

ウォルマックファームのスタッフに連れられて、放牧場に来た、ハットトリックは、手綱を離すと、蹄を鳴らして、走りだしました。

パカ、パカ、パカ、パカ、パカ。

ハットトリックは、広い、ウォルマックファームの放牧場を、駆けて行きました。


「ブルルルルルルルル、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

ハットトリックは、ケンタッキー州の青空に、大きい雄叫びで、いななきました。


「モグモグ。」

ハットトリックは、ケンタッキーの青い草を、たくさん食んで行きました。


「ウー。」

ハットトリックは、放牧場で呻き声を鳴らしていました。

「ボトボトボトボト。」

ハットトリックは、ウオルマックファームの放牧場に、大きいうんこを落として、体を整えていました。

夕方・ハットトリックは、放牧場を後に、厩舎に戻りました。


ハットトリックは、餌を与えてやると、美味しいそうに食んで行きました。

ハットトリックは、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、全身青鹿毛の男馬、大きく、逞しく、大きな功績を残してほしいという願いが込められている、青鹿毛の男馬、それが、ハットトリックです。

2008年、ハットトリックは、美しい、綺麗な青鹿毛の馬に育ちました、この年から、種牡馬生活をスタートしました。

初年度は、120頭に種付けを行いましたが、その後、受胎が88頭にとどまるなど、種付けたのは70頭に減りました、その為、半年間、オーストラリアの、インディペンデントスタリオンズに渡り、種付けを行っています。

2009年・8歳になった時に、ハットトリック待望の初年度産駒が、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊にある、ウォルマックファームで、2月に第1号・エイプリルグリーンの2009(母・エイプリルグリーン・2月9日(日本時間・10日))と、第2号・ノーコメントの2009(母・ノーコメント・2月24日(日本時間・25日) )を、出産しました。

その後、5月19日には、ハットトリックの第3号産駒で、本邦唯一の初年度産駒・プロポーズトゥーミーの2009(母・プロポーズトゥーミー ウォルマックファーム(アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊)で種付けた牝馬。)が、村田宗将牧場(北海道・日高郡・新ひだか町・三石)で、生産されました。
(その後、10月に行われた、HBAオータムセールで、バローズの猪熊広次氏(東京都)が購買されました、競争名も、アンソニーバローズ(人名+冠名)に決まっています。)

この年の、3月には、アルゼンチンのエルマリン牧場に、半年間の限定で、シャトル種牡馬として繋養生活を送っており、牡・9歳の青鹿毛の馬に成長した現在でも、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊にある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を、拠点として活躍しており、南アフリカでのシャトル種牡馬としての繋養生活も予定されている、青鹿毛の馬・ハットトリックの、今後の活躍を期待したいと想い、願っています。
f0235373_18401237.jpg

[PR]
by bouquetfragrance | 2010-06-30 23:53 | 往年の競走馬
<< エーシンフォワードが優勝、第2... VODKA=ウオッカ  >>