DE10形・暖地形(ワイパー窓・7011-2 KATO) 修理から戻る。

f0235373_17422944.jpg
連結器部分破損の為、KATO お客様サービス係(修理係 ホビーセンターカトー・東京店内)に送って修理に出されていた、DE10形・暖地形 (ワイパー窓・7011-2 KATO)が、7月22日・午前中 ゆうパックでぼくの家の部屋に戻りました。

KATOのNゲージ・DE10形 暖地形(ワイパー窓・7011-2)は、2009年に、フライホイール動力ユニット搭載した、リニューアルモデルとして新発売され、今年の6月に再生産発売された、ハイグレードモデルで、それまでに何回か、再生産発売されたNゲージモデルで、2009年の10月には、DE10形・耐寒形(旋回窓・7011-1)も、追って発売されております。

今回・連結器部分破損の為、修理に出されたDE10形・暖地形(ワイパー窓・7011-2)は、2009年8月18日の新発売と同時に、ホビーセンターカトー・大阪店(2016年3月10日の午後17時00分で惜しくも閉店されました。)で購入・納車した、2009年モデルで、KATOのNゲージ・DE10形・暖地形(ワイパー窓 7011-2)は、2009年モデルでは唯一のフライホイール動力ユニット搭載モデルで、現行モデルとなっております。

これまでにも、ホビーセンターカトー・大阪店で修理をしたことがある、初期ロット製品です。

今年の6月19日・連結器部分が壊れたので、KATO 京都駅店を通じて、KATO お客様サービス係(修理係 ホビーセンターカトー・東京店内)に送って修理しており、7月13日に、ゆうパックでぼくの家の部屋に戻っておりますが、980円の請求があり、洛西郵便局にて同封の郵便振替用紙にて支払いを済ませ、修理承り書を、KATO 京都駅店に渡して帰宅し、開封した途端、又・連結器部分が壊れた状態(今度は、両方。)で戻っており、見てみれば、手抜き修理であることが判明、7月14日に、修理代金の支払いに出かけた、洛西郵便局に行き着払いゆうパックで、KATO お客様サービス係(修理係 ホビーセンターカトー・東京店内)に、再度・修理を依頼するよう送って修理させました。

修理が完了した、DE10形・暖地形(ワイパー窓・7011-2 KATO)は、修理先の、KATO お客様サービス係(修理係 ホビーセンターカトー・東京店内)をゆうパックで後にし、7月22日の午後中 ぼくの家の部屋に配達にて戻りました。

修理が完了し、無事にぼくの家の部屋に戻って来た、DE10形・暖地形(ワイパー窓・7011-2 KATO)は、開封してみると、今度は完全に修理を終えた状態で戻っておりました。

2019年には、購入・納車してから10周年を迎える、KATOのNゲージ・DE10形 暖地形(ワイパー窓・7011-2)は、今後・5月14日に、KATO 京都駅店で購入・納車した、同じKATOのNゲージ・オハ61系 旧形客車 単品・4両を牽引させて、舞鶴線・小浜線のローカル普通列車(綾部〜東舞鶴〜敦賀間)を再現させようと想い、願っております。

[PR]
by bouquetfragrance | 2017-07-25 18:13 | 鉄道模型(Nゲージ)
<< ファレノプシス(胡蝶蘭)・死去... 女傑・ウオッカ アイルランド・... >>